ちょっと賢い証券会社の選び方

一口に証券会社と言ってもその数は大手から中小まで多数あり、手数料もピンキリです。初心者に人気の手数料0円の証券会社を選ぶのもいいですが、手数料がかかってもその会社独自のお得なサービスがある場合があります。

証券取引をする時は日経平均株価と住友商事株価の関係

株の証券取引をしようとするときには、日経平均株価がどのようなものかを理解しておくことが大切です。
特に東証一部に上場している銘柄というのは、日経平均株価に大きな影響を受けるものとなっているため株の証券取引をする際には非常に重要なものとなります。

東証一部の銘柄で、住友商事株価などは規模も大きく価格も手頃で証券取引を始めようとするときには適した銘柄となっていますが、住友商事株価は日経平均株価の構成銘柄の一つだけに、日経平均株価の動きに影響を受け易いものとなっています。
日経平均株価というのは、東証一部に上場する225銘柄の平均の株価であり日本の株式市場の状態を示すバロメーターとなっています。

そのため、日経平均株価が上昇すれば、それにともなって住友商事株価も上昇しやすく逆に下落をした場合には釣られて下落してしまいやすいものとなっています。
もちろん、個別の株で見た場合には好材料などが出た場合、周りの株価とは関係なしに上昇することがありますし、逆に全体が上昇していても悪材料が出た場合には、一つだけ株価が下がってしまうということもあります。
しかし、特に大きな材料がない状態であれば、地合に引っ張られやすいことは確かであり特に日経平均株価の構成銘柄である、住友商事などはその影響を受け易いものとなっているのです。

そこで、住友商事に投資をする際には単純に住友商事の業績だけでなく全体の地合いも考慮に入れて、売買のタイミングをはかることが重要となってきます。
株というのはその個別の材料だけで株価が決まるわけではなく、市場全体のムードなども織り込まれる形となるので、住友商事似ような銘柄に投資をする時には特に地合というものが重要となってきます。